時代のニーズに合わせて変化してきたお歳暮

歳暮(せいぼ)とは、本来は「歳の暮れ」の意味で、年の暮れに、親族の家に贈り物を持って訪れる習慣が「歳暮周り」と呼ばれ、やがて持参する贈り物そのものを、お歳暮と呼ぶようになったのです。お歳暮はもともとは、分家した方が実家に年末の挨拶に、新年のお供え物を持参したり、親戚の間での挨拶回りでしたが時代とともに意味が変わり、近年では普段からお世話になっている方にも贈られるようになり、親戚に加えて親しい友人や知人、会社の上司などにもお歳暮が贈られるようになったのです。歳暮は12月10日~12月20日頃に贈られ、1年の感謝の気持ちと来年もよろしくお願いしますという意味が込められます。本来は持参して手渡すのが礼儀ですが、近年では宅急便やデパート配送サービスを利用する場合がほとんどです。

年を越すための贈り物という意味で、保存がきく食品やお酒などが多く選ばれます。ハムやソーセージ、ビールやウィスキーのアルコールなどが定番、高級な牛肉やカニなどの高級食材も人気です。また商品を選ぶことができるギフト券や、レストランや高級料亭の食事券などを贈る場合もあるのです時代の流れやニーズに応えて、一風変わったお歳暮を選ぶ方も増えています。皇室献上品の超高級トイレットペーパーや最高級ティッシュペーパー。

定番の石鹸もよく見かける商品ではマンネリ感がありますが、使い心地が最高の高級の石鹸には、10万円以上の商品もあるのです。贈る相手を選ぶ必要がありますが、洒落が通じる親しい友人であれば、ちょっと変わったお歳暮を選んでみるのも楽しいでしょう。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です