お歳暮を渡す方法について

お歳暮は、一年が終わる時期にあたって、その年を締めくくり、お世話になった相手に感謝の意思をあらわすためにする、季節の贈答のひとつです。そのため、相手に対して渡すのにも、それなりのマナーがあります。お歳暮の本来の意図にかなった、もっとも丁寧な方法としては、やはり、日取りを決めて、相手の自宅などに伺った上で、直接手渡しをしつつ、感謝のことばを述べることです。以前であれば、このように相手に直接渡す方法が圧倒的に多いものでしたが、現在では状況がかなり異なってきています。

お歳暮を渡す相手というのは、たいていの場合、会社の役員などの肩書をもっているために忙しく、なかなか時間がとれないこともあります。また、かならずしも相手が近所に住んでいるとはかぎらず、車社会の現代では、よほど遠方に住んでいることもあるはずです。こうした事情があるため、デパートやネットショップなどで注文をしたあと、その店舗から宅配便などで相手のもとに発送することもあり、それが失礼にあたるとまではいえなくなっています。この場合でも、たとえば相手に対して、日頃の感謝の気持ちを文面にした、手紙などを添えておくことは、マナーのひとつとして望ましいといえます。

包装についても、重要な進物にあたることから、のしを付け、水引をかけた上で渡すのが正式ですが、もともとの品物のパッケージのデザインとして、のしなどがあらかじめ印刷されていることもあります。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です